ほくろ除去 東京

わたし自身、とてもほくろで悩んでいたんです…。 ほくろを取ったいまは、やっと自分の顔が好きになれました♪

ほくろ除去Q&A

ほくろ除去について気になることをQ&A方式で
ご紹介します。

 

Q:1回の通院でほくろ・イボを取ることができますか?
A:1回限りです。除去後、鏡でしっかりほくろ・イボがなくなったことを
確認してからお帰りいただいております。

 

Q:痛みはありますか?
A:局所麻酔を行いますので、痛みは全くわかりません。
麻酔の効果は3時間程度で自然になくなります。

 

Q:術後の生活において気をつけることはありますか?
A:当日から、お化粧・洗顔・入浴は問題ありません。
ごしごしこすらないようにしましょう。
日焼けをすると、ほくろ除去部分がシミの原因になりますので予防対策が重要です。

 

Q:ほくろ除去後のケア方法について教えてください。
A:ほくろ・イボを除去した部分は一時的に表皮がない状態になります。
新しい表皮ができるまでの間は、バイ菌が入らないよう、綿棒で軟こうを塗り、
保護用の肌色のテープを貼ることをお勧めしています。

 

(池袋サンシャイン美容外科の公式サイトより転載しています)

 

少しでも気になることは、事前のカウンセリングで相談できますので
悩みのない状態でほくろ除去ができますよ。
悩みごとは解決してからほくろとサヨナラしましょう。

ほくろってどうしてできるの?

ほくろの多い人
ほくろが1つもない人(っているのかな?)
ほくろが少ない人

 

ほくろはないけどソバカスの多い人
ほくろはないけどシミが多い人

 

などなど、人間には色んなパターンがありますよね。

 

ひとの身体、皮膚にはメラニンという色素があって、そのメラニンが多いと
皮膚は黒っぽくなり、メラニンが少ないと白っぽくなります。

 

ようするに、「色黒」と言われているひとたちは(地黒とも言う)
メラニンが多い人ということになります。

 

このメラニンというものは、ふつうは皮膚の中に転々と、平均的に広がっているものなのですが
たまに、1箇所にかたまって出ることがあります。これが「ほくろ」です。

 

ほくろができる詳しい原因はまだはっきりとはわからないのが現実なのですが

 

確実に言えることは、
ほくろ体質は遺伝するということです。

 

実際、わたしの母親はとてもほくろが多いです。

 

それと紫外線は天敵だということです。

 

実際に生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはほとんどありません。
日常の紫外線の影響ってやはり怖いですね。